HOME > その他の各種講座 > 正常分子栄養学

その他の各種講座

正常分子栄養学

正常分子栄養学とは

"We are what we eat."
これはDr.Roger.J.Williams(ロジャー・ウィリアムス博士)がおっしゃった言葉で「私たちの身体は、自分が食べたもの、飲んだものからできている」という意味の有名な言葉です。

正常分子栄養学とは健康指導師会で学ぶ栄養学のことで、米国がんコントロール協会日本支部代表・NPO法人がんコントロール協会理事長である森山 晃嗣先生が、ロジャー・ウィリアムス博士、ライナス・ポーリング博士の考えや教えを基に、30年間唱え続けた細胞レベルの栄養学を指しています。従来のカロリーを中心とした栄養学とは違い、栄養素がいかに体内で働き細胞を作るのかを中心に研究した生化学的栄養学です。

※ロジャーウィリアムス博士とは水溶性ビタミンB複合体の一種であるパントテン酸の発見者であり、葉酸の名付け親でもあります。また、生命の鎖という栄養バランス理論を展開しました。

セラピストが正常分子栄養学を学ぶ理由

トリートメントやセラピーのコンサルテーションやカウンセリングでも栄養のアドバイスをしますが、もっと根拠のあるお話ができたらいいなと思っていました。健康を維持するためには食事への配慮が欠かせません。また病気の回復にも食事が大きな役割を担っています。残念ながら、今の私たちが口にする食品には農薬や添加物があふれ、甘いスイーツもいっぱいです。昔と比べて土壌汚染や水質汚染も大きな問題となっています。私たちはもっと食について関心を持たねばならない、正しい知識を持たねばならないと考えていました。

ただ、情報がありすぎて何が大切なのか、どう食べるのがよいのか迷うことばかりでした。そんな時に生まれた私の孫はひどいアレルギーを持っていました。今や2人に一人がアレルギーを持つ時代だとも言われます。アレルギーの原因は複雑ですが、その原因の一つは食べ物だと思います。そんな時に出会ったのが、正常分子栄養学でした。食べ物を選択することで、孫の体調はずいぶんよくなりました。今まで、いろいろなところで学んできたことが一本の線になりました。私たちは食べなければ生きていけませんが、上手にチョイスして食べることで、もっと健康になれるのです。それに対しての指針を与えてくれたのがこの森山晃嗣先生が提唱する正常分子栄養学です。

一般社団法人健康指導師会

正常分子栄養学ベーシック講座

正常分子栄養学NHCベーシック講座がGreen Mistで受講できるようになりました。

受講対象 どなたでも
カリキュラム Step1 正常分子栄養学の基礎を身につける
Step2 細胞代謝に必要な成長と生命維持の栄養物質
Step 3 西洋分子栄養学からみる生活習慣病とその対策
費用 97,200円
時間 4時間×3回 (別途、試験あり)
そのほかに正常分子栄養学ミニセミナーを開催しています。

テーマは、「体質とは」 「オイルについて」「たんぱく質について」「ビタミン、ミネラルについて」「ジュースクレンズについて」 etc


お申込み・お問い合わせはこちら